互換インクとは

ネットでインクを購入しようとした場合、よく目にするのが互換インクという言葉です。互換インクとは聞いたことがあるけれど、具体的にわからない、説明できないという人はインクの違いを知っておくことがおすすめです。

最初にプリンターを購入した時には、メーカーが推進している純正のインクが使用されています。これはプリンターやファックス、コピー機のトナーなどでも同じことが言えます。純正インクは一番発色がいいものとして認めているため、保証内であればトラブルが起きたときは無償で交換してもらうことができます。ただし一つ当たりの価格が高く、年賀状や大量の写真を現像するためにはもったいないという意見が多いです。

その反対に互換インクは一つ当たりのインクの単価が安いため、多く印刷したいという人にはお勧めです。メーカーの発色とほとんど変わらないといってもいいほど品質が高いものも多く、安心して使用できるものもあります。しかしその反対にトラブルになる可能性や発色が思った物とは違うと感じるものもあるでしょう。トラブルになってしまうと機械の故障の原因や機械の保証内でも無料の修理を断られてしまう可能性があります。口コミ度で満足度が高い互換インクを調べて購入するのがおすすめです。

身近なインクといえば

普段の生活の中でインクを使用するときはどのような時が多いでしょうか。最近ではDIYをする人がふえてきて自分の好きな塗料を木材に塗り、棚や収納などを作る人もいます。そのため顔料を少し身近に感じている人もいるでしょう。しかしそう言ったことが苦手な人でも普段の生活の中でインクを使用する機会があります。

それがパソコンなどで使用しているインクです。プリンターによって使用するものが異なりますが、4色もしくは6色の色目を利用して様々な色目を表現することができます。使用する頻度によって残量は異なりますが、年賀状を自宅で作りプリンターを使って印刷する人には必需品になります。この時期になると電気屋さんなどでは、指定のインクがありますが売り切れてしまっている可能性もあります。

そのため今はネットなどでプリンターのインクなどを購入することができるようになっています。プリンターには購入したころか純正のインクが使用されています。純正はメーカーが一番発色よいものとして開発され販売されています。万が一の使用中に不具合があった場合には補償の対象にもなります。安心して使用することができる分、費用がどうしても高くなってしまいます。費用が安い互換インクも活用してみると良いでしょう。

インクの種類

私たちの生活の中でインクを使用しているものはとても多いです。インクは塗料ともいい、使用する場所や目的によって適したものを選ばなければいけません。せっかく色が気に入って選んだものでも、その場所に適したものでなければ塗料のもちがどうしも短くなります。塗料が剥げてしまったり、色あせてしまったり、さびてしまったりする可能性もあります。そこでインクにはどの様な種類があるのでしょうか。大きく分けて2種類あり、人口顔料と天然顔料があります。

人口顔料の特徴は着色の種類が豊富という点が一番のメリットです。明るいビビッドカラーやパステルカラーからシックでモダンな色目まで幅広く色彩を表現することができます。ただし色あせてしまう確率が高く、好んで選んだ色目を保つことが難しくなります。これに対して天然の顔料の場合は、丈夫で色あせがしにくいというメリットがあります。ただし天然のものを使用するため色目の幅に限りがあり、思ったような色目とは違うこともあります。それぞれの特徴を生かして、適した場所に適した顔料を使用するのが一番のおすすめです。

顔料は着色料としての役目だけでなく、体質顔料という役割もあります、物に厚みを付けるための顔料です。厚みができると物は丈夫になるため、機能性が高まります。そしてもう一つは機能性顔料です。錆びやすいものに対して、錆防止の顔料を加えて塗ることで錆を防止することができます。このように顔料にもいろんな種類があり、目的に応じて使い分ける必要があります。