互換インクとは

ネットでインクを購入しようとした場合、よく目にするのが互換インクという言葉です。互換インクとは聞いたことがあるけれど、具体的にわからない、説明できないという人はインクの違いを知っておくことがおすすめです。

最初にプリンターを購入した時には、メーカーが推進している純正のインクが使用されています。これはプリンターやファックス、コピー機のトナーなどでも同じことが言えます。純正インクは一番発色がいいものとして認めているため、保証内であればトラブルが起きたときは無償で交換してもらうことができます。ただし一つ当たりの価格が高く、年賀状や大量の写真を現像するためにはもったいないという意見が多いです。

その反対に互換インクは一つ当たりのインクの単価が安いため、多く印刷したいという人にはお勧めです。メーカーの発色とほとんど変わらないといってもいいほど品質が高いものも多く、安心して使用できるものもあります。しかしその反対にトラブルになる可能性や発色が思った物とは違うと感じるものもあるでしょう。トラブルになってしまうと機械の故障の原因や機械の保証内でも無料の修理を断られてしまう可能性があります。口コミ度で満足度が高い互換インクを調べて購入するのがおすすめです。