インクの種類

私たちの生活の中でインクを使用しているものはとても多いです。インクは塗料ともいい、使用する場所や目的によって適したものを選ばなければいけません。せっかく色が気に入って選んだものでも、その場所に適したものでなければ塗料のもちがどうしも短くなります。塗料が剥げてしまったり、色あせてしまったり、さびてしまったりする可能性もあります。そこでインクにはどの様な種類があるのでしょうか。大きく分けて2種類あり、人口顔料と天然顔料があります。

人口顔料の特徴は着色の種類が豊富という点が一番のメリットです。明るいビビッドカラーやパステルカラーからシックでモダンな色目まで幅広く色彩を表現することができます。ただし色あせてしまう確率が高く、好んで選んだ色目を保つことが難しくなります。これに対して天然の顔料の場合は、丈夫で色あせがしにくいというメリットがあります。ただし天然のものを使用するため色目の幅に限りがあり、思ったような色目とは違うこともあります。それぞれの特徴を生かして、適した場所に適した顔料を使用するのが一番のおすすめです。

顔料は着色料としての役目だけでなく、体質顔料という役割もあります、物に厚みを付けるための顔料です。厚みができると物は丈夫になるため、機能性が高まります。そしてもう一つは機能性顔料です。錆びやすいものに対して、錆防止の顔料を加えて塗ることで錆を防止することができます。このように顔料にもいろんな種類があり、目的に応じて使い分ける必要があります。